テキスタイルデザイン

SOU・SOUのテキスタイルデザインについて

20150924-kagomeami_300.jpg かごめ編み 平成3年

竹を編んだものを昔はいろいろなものに使っていた。
籠にして物を収納したり
バッグとして持ち歩いたりしていた。
天井、壁面などにも使われていた。
しっかり編みこまれていて丈夫。
自然素材なので、使っているうちに色も深みを加え
つやが出てきて美しくなってくる。
竹は日本の気候、風土に合っていて
日本人の感性にも訴えかけてくるものがある。

▲このページの一番上へ

20150921-kabotya_300_kiji.jpg

20150921-kabotya_300.jpg
かぼちゃ 平成27年

かぼちゃは秋の味覚の代表的なもののひとつ。
今はハローウィンもあるので
秋には脚光を浴びている。
こんな大きくおいしいものが
土と水と太陽・・・・で出来るというのは
何といっても不思議。

▲このページの一番上へ

20150911-akarimado_300.jpg 明かり窓 平成18年

庭に面した部屋の壁につくられた明かり窓。
花の形に明けられた窓の障子をあけると
一幅の絵のような庭が見える。
障子をしめても窓の形と
障子をとおしたやわらかい光が
部屋を暖かく居心地のいいものにしてくれる。

▲このページの一番上へ

20150902-kansyakudama_300.jpg かんしゃく玉 平成26年

直径1cmぐらいの丸い玉を
地面にたたきつける。
バンッという音とともに
玉が破裂する。
とても単純な遊びだが
かんしゃく玉を投げあって遊ぶのは
楽しかった。

▲このページの一番上へ

20150817-nasu_300_kiji.jpg

20150817-nasu_300.jpg
茄子 平成27年

食物で何が好きかと問われれば
茄子と答える。
煮物もいいし田楽は最高。
ぬか漬けも好きだ。
茄子紺といわれる
少し紫がかった紺色も好きで
服は白か茄子紺を好んで着ている。
母も茄子が好きだった。

▲このページの一番上へ

20150806-syakuyaku_300.jpg 芍薬(しゃくやく) 昭和56年

まっすぐな茎にまん丸のつぼみをつけた
芍薬が立っている姿は
きりっとしていて清々しい。
固くしまったつぼみが
少しずつ割れて
これからまさに開こうとする瞬間が
僕は好きだ。

▲このページの一番上へ

20150721-hanakko_300.jpg 花っこ 平成27年

明かるく素直でのびやかで
見ているだけで楽しい。
娘っこというかわいいよびかたがあるが
花っことよんでみたい。

▲このページの一番上へ

20150721-tomato_kiji_300.jpg

20150721-tomato_300.jpg
トマト 平成27年

まっ赤なトマト。
丸いトマト。
かわいいトマト。
元気なトマト。
甘くすっぱいトマト。

▲このページの一番上へ

20150626-suzushiro_300.jpg すずしろ 平成25年

白くすこやかなすずしろ草の花。
ちょっとかすれた線で
花の素朴さと力強さを。
野山に咲く花は
飾り気がなくて美しい。

▲このページの一番上へ

20150622-nobiyaka_300.jpg 伸びやか 平成25年

花は花びらの形や色に
最も特徴がある。
しかしよく見ると茎や葉も
それぞれ独自の形を持っている。
この花は伸びやかな茎で
スラリとした姿をしていて気持がいい。

▲このページの一番上へ

20150622-kitanokuni_300.jpg 北の国 昭和55年

昔 僕はフィンランドに住んでいた。
退屈で淋しい国だった。
それがいやでニューヨークに移り住んだ。
はるかな時が過ぎ
日本に戻っていた僕は25年ぶりに
フィンランドへ行った。
そこはやはり静かで淋しい国だった。
でもその淋しさも含めて
フィンランドは僕の原点であり
仕事すること生きていくことを教えてくれた
思い出多い北の国だ。

▲このページの一番上へ

20150526-hikari_300.jpg ひかり 平成23年

朝のすがすがしい空気の中
玉砂利をふみしめ
杉の大木が立ち並ぶ道を歩む。
まばゆい光が木々の間に
射し込んでくる。
いく筋もの光がきらきら輝き
全てのものを浄化していく。
おごそかで気高く神々しい。

▲このページの一番上へ

20150619-kyuuri_300.jpg

20150619-kyuuri_right_300.jpg

20150619-kyuuri_left_300.jpg
きゅうり 平成27年

きゅうりは平安の昔から
栽培されているようで
日本人に最も親しまれている野菜のひとつ。
生はもちろん
きゅうりもみや漬物にしてもおいしい。
カリッとした歯応えが
夏の暑い日に涼しさを呼ぶ。

▲このページの一番上へ

20150526-jiguzagu_300.jpg ジグザグ 平成26年

じぐざぐに折れ曲った線と線が交差する。
火花を散らすように
はげしくぶつかり合う。
鋭角的な線は人の心を不安にし
落ち着かない気持にさせる。
しかし一方で先鋭的な面白さがある。

▲このページの一番上へ

20150526-ponpon_dahlia_300.jpg ぽんぽんダリア 平成25年

花弁がびっしりつまっていて
まりのようにコロコロした
ぽんぽんダリア。
丸い形と鮮やかな色が愛らしく
女性が好きな花のひとつ。
昔、僕はこういうびっしりつまった
模様を描くのが好きだった。
そのころの一枚が長い年月を経て
再び発表されることになった。

▲このページの一番上へ

一語一絵の目次
一日一駄話 (3423)
SOU・SOU日記 (3224)
週刊NEW PEOPLE (224)
今日のお客様 (1995)
テキスタイルデザイン (319)
今週のおすすめ (590)
掲載情報 (532)
時好写真 (2712)
SOU・SOU KYOTO 青山店のいろいろ (103)
絵葉書プレゼントキーワード (1333)
Gallery SOU・SOU (26)
和菓子になったテキスタイルデザイン (63)
本間と古川の染織倶楽部 (40)
予約開始! (6)
私の好きな京都 (113)
期間限定ショップのお知らせ (7)
私の好きな一冊 (71)
私がおすすめする 冬の贈り物 (12)
一日一絵 (273)
SOU・SOUへの道 (36)
今週の入荷予定 (114)
迷物 (23)
京都造形芸術大学 (1)
メルマガプレゼント (176)
本日発売! (1469)
お知らせ (189)

一語一絵の記事検索

最近のコメント
  • RSS 1.0
  • ATOM 0.3

新商品情報

毛麻綿 筒下(けあさめん つつした)
14,904円(税込)

柔らかな肌ざわりの良い生地を使用

毛麻綿 草衣(けあさめん そうい)
10,692円(税込)

柔らかな肌ざわりの良い生地を使用

毛麻綿 小袖羽織(けあさめん こそでばおり)
20,520円(税込)より

さらっと羽織って頂けます

足袋下 【普通丈】
540円(税込)

神無月(10月)の季節柄です

手ぬぐい
1,155円(税込)

神無月(10月)の季節柄です

手ぬぐい(ひめ丈)
702円(税込)

神無月(10月)の季節柄です

SOU・SOU×長久堂 お干菓子セット
691円(税込)

神無月(10月)の和三盆です

モスリン 風靡 上下
11,880円(税込)より

季節問わず着ていただけるモスリン素材の風靡

高島縮 半衿風靡(はんえりふうび)
7,452円(税込)

飾り紐がポイントです

ブロード 風靡 上
9,504円(税込)

シャツのようにサラリとした生地が再入荷です

毛麻綿 筒下(けあさめん つつした)
14,904円(税込)

柔らかな肌ざわりの良い生地を使用

内明 梳毛 宮中袖 短衣 単
19,980円(税込)

裏表の色遊びが粋な羽織

毛麻綿 開襟 帯草衣 博多
23,544円(税込)

柔らかな肌ざわりの良い生地を使用

毛麻綿 手柄寛衣下(けあさめん たかみかんいした)
16,092円(税込)

柔らかな肌ざわりの良い生地を使用

手柄寛衣下(たかみかんいした)
11,880円(税込)

光沢感のある綿生地を使用

モスリン 手柄寛衣下(たかみかんいした)
16,092円(税込)

人気商品が再入荷!

狭風靡(せばふうび)
8,532円(税込)

すっきりしたシルエットのジバンが再入荷!

モスリン 宮中袖 間 単
25,704円(税込)

和装洋装どちらにも合わせて頂ける羽織が再入荷!

お知らせ

▲このページの一番上へ