一期一絵 毎日更新!SOU・SOU読本

令和5年11月18日 土曜日号

お知らせ / SOU・SOUからのお知らせ

“HP&インスタグラム&YouTube LIVE配信”






本日発売! / 新商品のお知らせ

 


アイヌの民族衣装がモチーフ


本日発売! / 新商品のお知らせ

 


細身のシルエットが特徴


本日発売! / 新商品のお知らせ

 


さっと気軽に羽織れる


一日一駄話 / SOU・SOUプロデューサー若林剛之によるたわいもない事

“新人紹介【3】”

本日も新人紹介です!
=====
名前: 工藤 瑞季(よみがな:くどう みずき)
出身: 静岡県
趣味: 舞台鑑賞
好きな食べ物: ブルーベリー
好きなタイプ: 可愛い人
身長: 157cm
特技: ピアノ
休日にしていること: 旅行、美術館巡り
欲しいもの: 舞台の最前列チケット
======

工藤は面接したとき昔の長沼に見えた。
だから何というわけでは無いですが。。
今いろんなことを一生懸命覚えてるところやろうからなるべく邪魔しない様にしよう。
工藤は最終的にはネットショップ配属になる予定ですので皆さまどうぞ宜しくお願いいたします。

それでは、また明日。








-------------------------------------------
【今日の合言葉】

「工藤 瑞季(くどう みずき)」

・店舗でお会計時に、〔今日の合言葉〕を言って頂くと、1ポイント差し上げます。
(1日に1ポイントのみの進呈です)
・毎日変わりますので、ご注意ください。
・店舗のみのサービスとさせて頂きます。
あしからず御了承願います。

-------------------------------------------

(若林)(若林)
プロデューサー若林が最近書いた記事
関連記事

テキスタイルデザイン / SOU・SOUオリジナルのテキスタイルデザイン紹介

“格子あそび 平成21年”


たてとよこに線を引くだけで柄になる。気分によって太くなったり細くしたり。
色を付けてもまた楽しい。
そうやって遊んでいる時に良いものができるものだ。
(脇阪 克二)


Grid Play (2009, by Katsuji Wakisaka)
By just drawing vertical and horizontal lines, a motif can be created.
Depending on the mood at that moment,
the lines can be thicker or thinner,
and it is also fun to fill in colors.
In this way, playing in the creative process can lead to great work.
| English translation by Lala Fu |


Jeux de hachures (2009 par Katsuji Wakisaka)
Dessiner simplement des lignes horizontales et verticales pour créer un motif.
Faites-le plus ou moins épais selon votre humeur.
C’est aussi très amusant à colorier.
Vous pouvez réaliser de belles choses en vous amusant de la sorte.
| Traduction francaise par JB&B |


格子遊戲 (2009, 脇阪 克二)
只要畫出直線和橫線就能成為一個圖案。隨著心情,還可以改變線的粗細,如果加上顏色又是另一種樂趣。
以這種遊戲的方式創作時就會出現好作品。
| 中譯 : 莊 幃婷 |

    
最近書いた記事
関連記事

SOU・SOU日記 / スタッフがお届けする日記

“秋を感じに/田中 沙祈”

一語一絵をご覧のみなさま。店舗スタッフの田中です。

ようやく秋らしい気候なったと思いきや、一気に冬の装いが恋しい季節となりました。

去年の今頃は、ようやく紅葉し始めたかな?という感じだったのですが、今年は紅葉する間もなく散ってしまいそうです。

そうは言ってもまだまだ秋を噛み締めたい!

近場で秋を感じられたらと、今回訪れたのは建仁寺です。





お茶のお稽古の後、先輩方をお誘いしてちょっとそこまでお散歩してみました。紅葉を見るにはちょっと早かったのですが、日暮れのはやさで秋を感じます。


この日はまだ暖かく、薄手の羽織で十分でしたが、京都も日によって気温差があり、毎日着るものに悩みます。最近はコートの出番も増えてきました。


修学旅行生に混じりながら、わたしたちも学生気分で街歩き。ちょっと歩くだけで、非日常を味わえるのも京都ならではです。


お庭の紅葉はまだ青々としていますが、屏風の中は秋さながら。

こちらの屏風は、アメリカのスミソニアン国立アジア美術館所蔵の複製品だそうです。高精細技術を駆使て作られたもので、隅々まで本物そっくり。現代に日本の美術を残すプロジェクトとして、建仁寺にて展示会が行われていました。

お庭を眺めながら、美術を嗜むのも「芸術の秋」ですね。


暦では立冬も過ぎ、もうすっかり冬。今年ももう少しでおしまいです。

店頭にも冬物が並んでいます。みなさまも、冬支度をしにSOU・SOUに足をお運びくださいませ〜

(田中)(田中)
スタッフ(田中)が最近書いた記事
関連記事
LINEにてお問合せいただくには、SOU・SOUとのお友だち登録が必要です。 LINEお問い合わせ窓口 新規お友だち登録

<営業時間>
12時~17時 ※水・日曜定休

※営業時間外でもメッセージを残していただければ、翌営業時間内にご連絡をいたします。